グルメ

大寒の縁起物の大寒卵を食べると金運最強!オススメの食べ方4選

2020年の大寒は1月20日。一年中で最も寒い1日ですが寒さに負けず、美味しいものを食べて寒い冬を乗り切りたいもの。

大寒卵は縁起物で金運がアップすると言われていますが、大寒卵の食べ物にはどんな物があるでしょうか。オススメの食べ方4選についてお伝えします。

 

 

大寒卵って?

 

大寒卵とは1年に1回の大寒の日に生まれた卵のことを言います。

 

大人が食べると金運アップと無病息災。子供が食べると学力がアップすると言われる縁起物です。

 

ニワトリは寒い時期にはあまり卵を生まないと言われていたため、1年で一番寒いと言われている大寒に生む卵は貴重と言われているところからその貴重な卵を食べると縁起が良く金運、健康、学力のアップになると言われるようになりました。

 

そして卵の黄色い色が風水パワーがあるとも言われています。

 

大寒卵料理の食べ方4選についてご紹介します。

 

 

大寒卵

 

 

大寒卵専門店もあります。

 

 

スポンサーリンク

【食べ方1】大寒卵雑炊で心と体を温める

 

やっぱり寒さの厳しい大寒には、体が温かくなる大寒卵雑炊をオススメします。体も温まって金運もアップすれば今年1年ホッカホカ♡

 

 

 

 

もちろん産みたての卵を使うことが一番ですが、大寒卵はニワトリが卵を産んだその日(大寒の日)の卵を使用すれば良いのでスーパーなどで売っている卵の産卵日を見て賞味期限以内に食べればご利益はあるとされています。

 

しかし、産卵日がわからないと大寒卵とはならないので注意して下さい。

 

もし、産卵日がわからない人は、卵の黄身の色を風水パワーとして食べるのも良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

【食べ方2】半熟卵としてそのまま食べる

 

大寒卵をそのままゆでて、食塩などで食べる事がシンプルで美味しいのでオススメします。

 

 

 

【食べ方3】スクランブルエッグにして食べる

 

食感のよりスクランブルエッグを作る場合は、バター、牛乳、塩などを加えてスクランブルエッグにして食べるとふんわりと仕上がります。

 

 

【食べ方4】ふわふわオムレツ

 

初心者にもカンタンに作れるオムレツの作り方をUPします。塩、バター、フライパンがあれば手軽にできます。

 

好みでしめじや椎茸などキノコ類や玉ねぎを加えて食べてもも良いです。

 

 

 

(まとめ)

 

大寒の縁起物の大寒卵を食べると金運最強!オススメの食べ方4選についてお伝えしました。

大寒卵の食べ方は色々ありますが、シンプルに食べた方が大寒卵の良さが引き立つように思います。

もちろんそれぞれ自分に合った好きな食べ方で大寒卵を楽しみましょう。

大寒卵を食べて金運を最強にして、今年の冬も温かく乗り切って下さい。

 

ABOUT ME
きょうか
きょうか
ご訪問ありがとうございます。ヨガとキャバリアをこよなく愛する個人ブロガーです。ISD個性心理学などをはじめとするコンサルなども行っております。