エンタメ

春節の休暇は日本が人気!中国人が興味津々の日本での過ごし方

春節とは旧暦の正月のことです。日本では新暦で正月を祝っていますが、旧暦で正月を祝い、休日となっている国はアジアを中心に11ヶ国もあります。

春節休日は国によって違いがありますが、中国の場合、2020年は6連休となっています。

最近では春節を海外で過ごすことがトレンドとなっていて、行きたい国人気トップが日本となっています。中国人は日本でどの様に過ごしたいと思っているのでしょうか。

中国人がどの様に日本で休暇を過ごしたいと考えているか、人気の過ごし方をお伝えします。

 

 

2020年の中国の春節期間はいつ?

 

春節とは毎年変わります。2020年の中国の春節期間は1月24日が日本でいう大晦日に当たり、1月25日(金)〜1月30日(木)の6日間が休日となっています。

 

 

スポンサーリンク

どれくらいの中国人が移動する?

 

中国国家統計局の発表では、中国の人口は2019年時点で、14億5万人とされています。

 

その中でも延べ4億5千万人が海外旅行に出かけるとされていて、春節期間に海外旅行する中国人は700万人位と予想されています。

 

 

スポンサーリンク

過去は爆買いが主流だった

 

「爆買い」という言葉をよく耳にしました。

 

 

爆買いとは2008年位から中国人観光客が日本の商品を大量に購入することが目立ってきたことで、メディアがニュースで「爆買い」と流したことから使われる様になりました。

 

 

当時、爆買いが流行った背景には、日本という先進国で買い物をする憧れの様な気持ちや、中国国内で販売されている電化製品の価格の方が高く、日本では半値くらいで購入出来たこと、しかも性能が良い理由でした。

 

 

しかし、2016年頃になると、爆買いの勢いが衰えてきました。

 

 

手に入れる関心から体感に関心が変化した

 

「爆買い」が過去のトレンドとなった今、中国の新たなトレンドは春節の休暇を日本で過ごすことです。

 

 

かつては、日本の大晦日にあたる春節(旧正月)の前日である1月24日は、家族と一緒に家で過ごし、1月25日の旧正月を自宅で迎えることが主流でした。

 

 

しかし、今は海外旅行先で春節を迎えることに人気が高まっています。

 

 

春節期間に海外旅行に出かける中国人が700万人と増えていることからも、その事に人気が高まっていることがわかります。

 

 

では、春節を海外で迎えることがトレンドなら、彼らは一体どんな目的で日本を訪れるのでしょうか。

 

 

それは、「爆買い」という手に入れる行動から「体験」という体感する事に関心が変化しているのです。

 

 

例えば、日本文化に触れる茶道や書道の体験ツアーに参加する目的や個人で楽しめるフリーのプランに人気が高まっています。

 

 

興味がある場所とは

 

SNSの普及で個人が検索して春節休暇を利用して、水族園、動物園、美術館などを訪れる中国人観光客が増えています。

 

ホテルの予約もツアーを組まずに個人で予約をすることがトレンドとされています。

 

 

そして、日本の主要観光地は混雑することに対して、地方の観光地は空いておりSNS投稿栄えすることから、地方に関心が高まっている傾向にあります。

 

 

春節に中国人観光客に人気のある場所を3つ紹介します。

 

カプセルホテル

 

日本のカプセルホテルはアメニティが揃っいて、Wi-Fiがあり、時計やテレビも付いてて、意外と広い、別にシャワー室やお風呂、女性専用フロアなどがあり、安心して宿泊出来て、しかも料金が安いことが最大の魅力。

 

東京都内でも安いところで2000円代で宿泊することが出来て綺麗なところが人気の理由の一つです。

 

 

中国人にとって日本のカプセルホテルは一度は泊まってみたいトレンド的な場所です。

 

 

 

 

アニメのロケ地

 

春節にアニメのロケ地を訪れるアニメ巡礼が中国人観光客に人気です。

 

日本に訪れる中国人観光客の年代は20代〜30代とアニメをみて育った年代の人が多く、日本のアニメは「自分の人生はアニメと共にある」との考えを持っています。

 

 

 

・スラムダンク(神奈川県)
・ワンピース(東京都)
・ドラえもん(東京都)
・千と千尋の神隠し(東京都)
・君の名は(東京都・岐阜県)
・名探偵コナン(大阪府・京都府)

 

などが人気のアニメ巡礼地となっています。

 

 

地方農業体験ツアー

 

体験型のツアーが人気となっている今、注目されているのが地方の農業体験です。

 

爆買いや主要地の観光ではどこに行っても混雑していて、中国人観光客も混雑にうんざりしています。

 

地方に行けばゆったりと楽しめることから地方が段々と人気となっています。

 

一方、地方も観光客に来てもらえれば観光収入となり、地方の活性にもなることから中国人など外国人向けの農業体験ツアーを企画しています。

 

 

今後は口コミやネットで地方の良さが広がり、もっと拡大していくことでしょう。

 

 

地方で農業体験をする外国人観光客たち

引用:https://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/kihon/inbound/03_kikaku_iinkai/attach/pdf/shiryou-8.pdf

 

まだまだ、農業体験ツアーは定着していませんが、都市型観光に飽きた中国人観光客が「日本はもう行くところがない」と日本離れすることが予想されるので、地方へのツアーを積極的に取り組んで行くことになるでしょう。

 

 

(まとめ)

春節の休暇は日本が人気!中国人が興味津々の日本での過ごし方についてお伝えしました。

日本のお正月にあたる中国の春節を日本で迎えたいと思っている中国の人たちは日本に対して憧れを持っています。

若い世代を中心にトレンド的なイメージを持って日本を訪れています。

たくさんの中国の方々に楽しんでもらえる様、又、その期待に応えまだ知られてない日本の良さを是非知ってもらいたいものです。

ABOUT ME
きょうか
きょうか
ご訪問ありがとうございます。ヨガとキャバリアをこよなく愛する個人ブロガーです。ISD個性心理学などをはじめとするコンサルなども行っております。