エンタメ

大塚愛が小説?何故開けちゃいけないんだよなの?3つの謎を解明

シンガーソングライターの大塚愛さんが「小説現代」9月号に初小説を寄稿します。「開けちゃいけないんだよ」はどういう意味を込められて書かれているのか、その3つの謎を解明してみました。

 

解明1 次々と起こる不思議な現象を題材にしているから

 

小説はある少女が祖母の家で次々と起こる不思議な現象を短編で書き連ねています。

実際にある家の地下室の「グルグル巻きにした物体」を短編小説で描いています。

 

大塚愛さんはホラー映画のストーリーを書いた感覚と心境を語っており、「開けちゃいけないんだよ」と言いたくなるほど怖い内容なので題付けられたと考えられます。

 

スポンサーリンク

解明2 大塚愛とのギャップ

 

大塚愛さんと言えばシンガーソングライターのイメージ。

歌では恋愛をテーマにしたものが多かったので、今回の小説は今までの恋愛ソングとホラーとのギャップが大きくする為で「開けるのが怖い今までの大塚愛とのギャップ」を伝えたかったのではないでしょうか。

 

恋愛をテーマにしているシンガーソングライターの大塚愛

 

 

ホラーをテーマにしている小説家としての大塚愛

 

スポンサーリンク

解明3 小説の内容がホラーで怖いから

 

ホラーは見ている時より、見終わった後からの方が怖くなる感じを出したいと大塚愛さんは心境を語っています。

引用:
https://news.yahoo.co.jp/articles/064ea229654f2fdcafe315f74f21fd5cb2623248

開けるのが怖いほど小説を描きたいのではないでしょうか。

 

まとめ

 

大塚愛が小説?何故開けちゃいけないんだよなの?3つの謎を解明についてお伝えしました。

 

大塚愛さんが小説家としてデビューする初の小説がホラーで、「開けちゃいけないんだよ」という題がどういう意味なのかその3つの謎を解明してみました。

 

まだまだ小説の内容の詳しい事は分かっていませんが、音楽では恋愛ソングを多く歌って来た彼女が開けるのが怖いほどのギャップを小説に表して、全く違うホラー小説に今までの自分とは違う人生を覗きたいという意欲が感じられました。次の作品も期待します。

ABOUT ME
きょうか
きょうか
ご訪問ありがとうございます。ヨガとキャバリアをこよなく愛する個人ブロガーです。ISD個性心理学などをはじめとするコンサルなども行っております。