恋愛

急に冷たくなった彼氏のラインを確実に振り向かせる3ステップ

昨日まで楽しくラインしてたのに急にラインの回数が減ってしまったら寂しいですね。

何か悪いこと言ってしまったのではないか?とか、嫌われたかも?とか考え込み何も手につかなくなってしまいます。

以前にように楽しくラインしたい。でも彼氏に、なぜラインが減ったのか理由を確かめたくても聞くことが怖い。彼の態度の変化に益々気分が落ち込む。

あなたは今きっとこんな気持ちのことでしょう。

急に冷たくなった彼氏のラインを確実に振り向かせる3ステップをご紹介します。

ステップ1 原因を知る

 

ステップの1つ目は彼氏からラインが減ってしまう原因を知る事です。

 

4つの原因をお伝えします。先ず彼の気持ちになって考えてみましょう。

 

1-1 自分が素っ気なくなるから

 

彼氏の態度が急に冷たくなったと感じて嫌われてしまったのではないか?と思い自分から引いてしまうとそんなあなたの態度が彼氏に伝わって、彼氏も連絡をとりにくくなっている状態が考えられます。

 

 

つまりコミュニケーションがとれなくなってしまうと彼氏の気持ちを知る事すら難しくなってしまうのです。

 

 

連絡を取りにくくなったあなたの気持ちがなんとなく彼氏にも「気まずい」と感じさせてしまうのでしょう。

 

 

その為彼氏もあなたに避けられたと思っているのです。

 

 

最低限の会話でもいいので、彼氏に話しかけて明るく接するようにしてください。

 

 

話しているうちに2人の間の空気が変わり、今まで以上に関係を良くする事も期待できます。

 

 

決して時間を空けずに積極的にアクションを起こしてみましょう。

 

 

待っていても何も変えられません。

 

 

1-2 好きだからわかって欲しいと思ってる

 

彼氏は、何かに悩んでいたり気分が落ち込んでいる為に放っておいてほしいと思っています。

 

 

女性は悩んでいる時、話を聞いてもらって共感して慰めてほしいと思うかも知れません。

 

 

それはあなたが彼氏に自分のよき理解者になって欲しいという気持ちがあるからです。

 

 

そんな時に彼氏が優しく慰めてくれたらとても癒される事でしょう。

 

 

だから、男性である彼氏もあなたと同じで好きだからこそわかって欲しい。そう思っています。

 

 

彼氏は気分が落ち込んでいるからこそ、しばらくそっとして見守っていて欲しいのです。

 

 

プライドの高い男性は落ち込んでいる事に対してじっくりと考えたいと思っている時に励ましや慰めの言葉をもらう事さえ鬱陶しいと思っているのです。

 

 

「しつこく理由を聞かれるのが嫌」「構われるのが嫌」「〇〇なうと送られてきても返事に困る」「放っておいて欲しい」などが本音のようです。

 

ラインが冷たい原因

「しつこく理由を聞かれるのが嫌」

「構われるのが嫌」

「〇〇なうと送られてきても返事に困る」

「放っておいて欲しい」

 

 

「無理しないでね」とか「頑張りすぎないでね」とか一言でけ言葉をかけてサッと引くことで彼氏の心は軽くなります。

 

落ち込んでる時に嬉しいライン

「無理しないでね」とか「頑張りすぎないでね」の言葉をかけサッと引く

 

連絡がとれなくて寂しいかも知れませんが少しだけ時間をおいて思いやりましょう。

 

1-3 何かに熱中しているから

 

仕事が忙しくて熱中している時に彼女から「何でラインくれないの?」「寂しい」「今度いつ会えるの?」などの内容のラインが送られてきた場合、一瞬で恋が覚めてしまうのが男心です。

 

 

彼氏は仕事や趣味に熱中している時に「何でメールくれないの」と疑われる様な言葉をかけられると「何故信じてくれないんだろう」と疑われた様な気持ちになり次第に気持ちが離れていきます。

 

 

彼氏は自分が何かに熱中している時は、彼女には恋愛ばかりに偏らないで恋愛以外の趣味も大切にして欲しいと願っているのです。

 

 

 

本能的には、女性が「愛」を優先しているのに対し男性は「仕事」や「趣味」を優先しています。

 

 

だからこそ何かに熱中していることをわかってくれる彼女に対しては言葉はなくても「感謝しているよ。これが終わったらどこか君の好きなところに行こうね」など愛おしい気持ちを持っているのです。

 

 

1-4 こじらせ女子に疲れている

 

自己肯定感の低い女子、つまり自分に自信がないことで何でもマイナスに捉えてしまう女性のことをこじらせ女子といいます。

 

 

そもそも男性とは「信じて疑わない」ところがあり、自己肯定感の低い自分に自信がないこじらせ女子は「疑って信用しない」ので彼氏がちょっとラインをしないだけでもイライラして苦しみ自分を苦しめてしまっているのです。

 

 

彼氏は「信じてほしい」「待ってて欲しい」「自分の事をちゃんとやってて欲しい」「心配しないで自分の時間を楽しんでて欲しい」と思っており、「浮気してるから連絡がない」とか「連絡がなくて寂しいから何も手につかない」とか「私のこと嫌いになったのじゃないか」とか疑ってばかりいる女性には疲弊してしまってラインの返信ができません。

 

 

こじらせ女子は過去に経験した事がトラウマとなってて自分に自信が持てなり疑ってばかりいます。

 

 

しかし9割くらいの女性がこじらせ女子を経験しているとも言われています。

 

 

 

スポンサーリンク

ステップ2 LINEを効果的な方法に変える

 

彼氏のラインが冷たくなった原因がなんとなく分かれば次のステップではLINEをより効果的な方法に変えてみましょう。

 

 

同じやり方で上手くいかなければ効果のある方法に状況を変える事が大切です。

 

 

効果的な3つの方法をご紹介します。

 

 

2-1連絡があるまで待つ

 

人は追われると逃げたいという心理になるため、彼氏を追う事をやめ突然連絡を遮断してみましょう。

 

 

突然連絡が来なくなってしまったら・・・
あれだけLINEが来ていたのに何故?
という心理が働くでしょう。

 

 

意図的に彼氏に対して「どうして?何故?」という感情を引き出せばあなたが「気になる女性」へと変わっていきます。

 

 

 

例え彼氏から連絡がなくても「おかしいな〜」という心理を引き出すだけでも効果的です。

 

 

2-2 言葉を変えてみる

 

彼氏に「好き」を言い過ぎていませんか?

 

 

男性はいつも好きだと言われることで自分に自信を持ち「俺の女はもうどこにも行かないから大丈夫だ」みたいな心理が働き、「今度は別の女性に行っても大丈夫だ」と女性からすれば考えられない自信を持ってしまうのです。

 

 

だから少々冷たくしてもどこにも行かないから、とりあえずキープして次を探そうと考える男性もいるので気を付けてください。

 

 

そうならないためには彼氏の事が好きでもあまり口に出さないことです。

 

 

例えば、好きの代わりに彼氏の良いところを褒めたり、自分のために何かをしてもらったときにありがとうなどの感謝の気持ちを伝えると、彼氏も喜ぶでしょう。

 

 

「好き」は心の中に閉まっておき回数を減らしましょう。

 

 

「好き」を伝える時は、彼氏の誕生日や記念日など特別な日にだけにするなど言葉の伝え方も工夫してみましょう。

 

好きを伝えるのは

記念日
彼の誕生日
などの特別な日だけ

 


2-3 話題を変えてみる

 

急に冷たくなった彼のラインを自分に振り向かせるために自分が送ってきたラインの傾向を客観的に振り返ってみましょう。

 

振り返りライン

・相手の状況を無視して連投を続けている
・感情に任せてラインを送り続けている
・質問責めにしている
・〇〇なうなど自分の行動をマメに報告しすぎている
・ネガティブな内容を書きすぎている

 

 

あなたは日頃どんなラインを彼に送っていますか?

 

「いまどこにいるの?」
「誰と何してるの?」

 

 

など彼氏の行動を聞くようなラインや自分の行動を知らせるラインばかり送っていたとすればどう反応していいのか分からなくなり既読無視することもあるでしょう。

 

 

彼氏といつも繋がっていたい女性の気持ちは実は男性には伝わりにくいのです。

 

 

女性同士のラインではこんな変わったランチ食べたよなど写メを送って共感できることが男性には同じ共感は得られないでしょう。

 

 

男性はラインは連絡ごととして使いたいと思っているのでいちいち彼女の行動まで知りたくありません。

 

 

あなたが彼氏に対してラインで共感して欲しいために送っていたなら、今度は全く違う話題に切り替えてみましょう。

 

 

彼氏の趣味や好きなことを思い出してそれについて調べてみて共感したり、共通の趣味があればその話題に特化してみましょう。

 

 

例えば彼氏が旅行が趣味なら、一人で遠出したい時は行かせてあげるとか、プログラミングの趣味を持ってる場合はあなたがどんなに興味がなくても褒めてあげるとか決して趣味を否定しないラインを送ってみましょう。

 

切り替えライン

 

行動ラインから彼氏の趣味に共感する

 

 

スポンサーリンク

ステップ3 ラインより効果的な方法に変える

 

ラインでは冷たいのに会うと優しい男性はそこそこいるので何で?と思うかも知れません。

 

 

その男性心理はラインがめんどくさいとか、不器用でラインでどう自分の気持ちを表せばいいのかわからない、忙しいからなど様々。

 

 

ラインで試してダメなら次のステップではリアル作戦にでてみましょう。

 

3-1会う約束をする

 

女性の場合はいつ会えるのか?約束しなければ不安になったり約束があるから頑張れると思っているのに対し男性は自分の時間を大切にしたいと思っています。

 

 

男性の多くは付き合い出した頃より交際期間が長くなればなるほど安心してしまい会う約束をしなくなってしまいます。

 

女性の場合好きになればなるほど、彼氏に一途になってしまうのでそういう想いが彼氏にとっては重く感じられてしまうのです。

 

 

そうならないためにも女性も自分の時間を楽しみ、彼氏だけに目を向けない努力も必要です。
そういう男性心理を知った上で会う約束作戦を開始しましょう。

 

 

服装を変えることは男性を刺激します。
男性は生物上の視覚優位のため見た目を重視しています。

 

 

子孫繁栄の本能から

女性を好きになること=性欲

好きになることは性欲と直結しています。

 

 

健康的で自分の子孫を残してくれる女性を目で見て選ぶ本能を持っているので容姿は男性を刺激する重要なポイントです。

 

 

自分の容姿に自信がないからといって諦めなくても男性にもそれぞれの好みの違いがあるので安心して下さい。

 

 

大切なのは彼氏がどの様なファッションが好みなのかを知ってだんだんと服装を彼氏の好みも取り入れてみることです。

 

 

なんだ〜自分の好みを取り入れてくれてる〜!俺の事をこんなにも想ってくれてたんだなと少しでも思ってもらえる事ができるだけで成功です。

 

 

 

3-2ランチに誘う

 

女性から食事に誘う場合は夕食はハードルが高すぎるので気軽に相談したい事があるからランチでもどう?って誘ってみましょう。

 

 

価格もあまり高すぎると堅苦しくなってしまうので軽く入れる様な店を選びましょう。

 

 

誘い方も重くなり過ぎず、あのお店の口コミがいいんだけど、一人では入りにくいから一緒に行って欲しいとか理由をつけておく方が彼氏も納得しやすいでしょう。

 

 

誘い方を考える
たとえランチでもどうやって彼氏を誘えばいのでしょうか。ラインより電話してみましょう。

 

 

仕事が終わってホッとした時間を見計らってかける方が真剣に話を聞いてくれるでしょう。

 

 

あなたは女性から誘うなんて抵抗があるかもしれませんが、多くの男性は女性からデートに誘われる事を嬉しく思っています。

 

男性の多くはデートしたくてもプランを考える事や誘うこともめんどくさいと思っているので女性から積極的に誘われるとOKしてくれるでしょう。

 

誘い方のポイント

 

軽い理由をつけてランチに誘う

 

 




まとめ

 

急に冷たくなった彼氏のラインを確実に振り向かせる3ステップについてお伝えしました。

彼氏からのラインが急に冷たくなったと感じた場合は先ずその原因を探ってみましょう。

その原因が自分にないか振り返り、とりあえずはラインの表現方法を彼氏目線に変えてみましょう。

彼氏の事が好き過ぎて周りが見えなくなっていないか?自分を客観的に見てみることも良いでしょう。

そして文字のやりとりから軽くリアルに会う方法を提案して会ってみるとラインより明るい彼氏を発見できるでしょう。

ラインは相手が見えないのであれこれと考え込んでしまいがちですが、同じやり方では何も変わらないので違った方法でトライしてみると良い結果が期待できますので参考にして下さい。

 

ABOUT ME
きょうか
きょうか
ご訪問ありがとうございます。トイプードルとホーランドロップを愛するライターです。1000人以上の個性の診断経験を元に情報発信しています。ISD個性心理学の診断も行っています。